カーネクストの口コミや評判を調査!CMしつこいや悪質など苦情の内容も紹介
今回は廃車の買取を専門で行っているカーネクストの口コミや評判から、おすすめできる業者なのかどうかを調査してみました。

使わなくなった車を手放すために買取業者を調べていると「カーネクスト」という会社を見かける機会があります。タレントの朝日奈央さんがイメージキャラクターを務めており、テレビCMもやっているため見たことがあるという人も多いでしょう。

 

「古くなった車を手放したいけれど、カーネクストって会社はどんな会社なの?」

「カーネクストと他の買取業者と比べて、良いサービスは何があるの?」

「車を廃車するのって面倒なのかな?」

「少しでも買取金額が多いところでお願いする方法ってあるのかな?」

 

大切にしていた車を手放す際には、安心して、少しでも金額が高くなる業者にお願いしたいですよね。

本記事を読んでいただくことで下記の内容がわかります。

この記事でわかること

■カーネクストの良い口コミや悪い口コミ
■カーネクストを利用するのメリット、デメリット
■カーネクストのトラブル事例
■カーネクストを利用する際の注意点




\どんな車も高額買取!/



カーネクストとは?会社概要と特徴

カーネクストとは?会社概要と特徴

カーネクストの会社概要

では、具体的にカーネクストはどんな会社なのか詳しく解説していきます。
会社名株式会社ラグラス・クリエイト
設立日2008年4月8日
資本金1000万円
事業内容マッチングプラットフォーム事業
インターネットメディア事業
本社所在地〒531-6131
大阪市北区大淀中1丁目1番30号
梅田スカイビルタワーウエスト31階
連絡先TEL:06-7670-7744
FAX:06-7670-7745
代表者代表取締役CEO
福重生次郎


カーネクストは、株式会社ラグラス・クリエイトと呼ばれる会社が運営しています。

株式会社ラグラスクリエイトにおける、インターネットメディア事業の一つにカーネクストがあります。車検切れ、災害や事故車などの不安を手助けする事が事業内容です。

そのため、全ての悩みを解決という観点から、普通車だけでなく商業車やディーゼル車の買取も行っているのが大きな特徴と言えます。

日本トレンドリサーチの2021年度の調査結果では、カーネクストは 中古車買取サービスで3冠となっています。

■中古車買取サービス 買取価格満足度 第1位
■中古車買取サービス 総合満足度 第1位
■オススメしたい中古車買取サービス 第1位

特徴に関して、詳しく解説していきます。

まず初めに、カーネクストは、他社で廃車費用を請求されたり、金額が全く付かない見積もりを出されたという人におすすめです。

なぜなら、カーネクストは、どんなに大きな事故により損傷が激しく動かなくなった車でも、0円以上で買い取ってくれる業者だからです。

費用面からみてもマイナスにはならないことから、最後に利用してみる方法もオススメできますね。


カーネクストと他の車買取サービスとの違い

廃車専門の買取業者で、それぞれの違いを調べてみました。
項目カーネクスト廃車王ハイシャルナビクル廃車買取
最低買取価格0円以上0円以上0円以上0円以上
査定・売却手数料無料無料無料無料
対応エリア全国対応全国対応(離島不可)全国対応全国対応
参考買取事例
(トヨタプリウス)
120,000円65,880円80,000円確認できず
引取り、レッカー代無料困難な引取時は別途負担無料無料
手続きのスムーズさ20秒でお申し込み30秒でお申し込み20秒でお申し込み25秒でお申し込み



カーネクストの良い口コミや評判

口コミ投稿サイト、みん評にてカーネクストの良い口コミと悪い口コミをいくつか選んでみました。
20万㌔オーバーのデリカ、年式も古いし、どこの一括見積でも雀の涙程度の値段しか付きませんでした。事故もなく手入れも欠かさずしてきた愛車なので、ちょっと悲しいけどこんなもんかと思っていましたが、試しにカーネクストでも査定してもらったところ、6万の価格がついて驚きました。海外で人気がある車なら、古くても査定額は高くなるようです。

口コミサイトで「入金されない」「態度が悪い」などの書き込みを見ましたが、そんなこともなかったですよ。まあ特別いいわけでもなかったですけど、値段がよかったので十分です。

引用元:みん評


17年くらい前の車をカーネクストで売却しました。ネットで見つけて、サイトには廃車費用が無料と書いていたのでとりあえず電話したら、引き取りに来てくれて廃車手続きも無料でやってくれるということなので決めました。車検が残っているからその分を払い戻してくれるということで、結構価格が付きました。対応も早く結構丁寧だったので満足です。

引用元:みん評


1番高く買い取ってくれました

悪い口コミもありますが私は1番高く買い取ってくれました。他のところに廃車の買取に納得いかなく、ネットで問い合わせ、その後すぐ電話ありそのこと不満なことお伝えすると、1番高い値段で買い取ってくれました。

口コミが悪く心配したのですが、金額も最初の金額できちんと買い取って振り込みされてました。20万キロ超えて車検したばかりだったのですが、大変金額には満足してます。ありがとうございました。車取りに来る時間もぴったしにきてくれて、口コミを信じなくて良かったです。ありがとうございました。

引用元:みん評


カーネクストの良い口コミや評判を調べてみると、下記のような口コミが多く見られました。

カーネクストの良い口コミで多かったもの

・買取価格が高かった
・説明や対応が丁寧だった
・対応が迅速だった


営業担当者や実際に引き取りにきた人の対応が良かったことや、事務手続きがスムーズに進んだなどの、満足度の高い人の意見が多く見られました。




\どんな車も高額買取!/



カーネクストの悪い口コミや評判

最初の電話応対で重量税・自賠責の還付金(私の場合は半年分くらい残っていた)の取り扱いの説明を全くしてくれず、後から送りつけてきたメールでそれが買取価格に含まれることが契約内容であることを一方的に知らせてきたので、驚いて抗議の電話をしたが、後の祭りだった。

「御成約にご説明で、ご理解いただきやすいご案内ではなかったことお詫び申し上げます。」
「それは、おたくの契約時の説明に不備があったことを認めるということですか?」
「廃車手続きもこちらが無料で行わせていただくことが、ご契約の内容となっておりますので、ご契約時の内容で引き取らせていただきます。」

もうこれはマニュアル化された応対のようでしたw
私が以前廃車手続きを依頼したことがあった別業者は、きちんと買取価格と還付金は別のものとして取り扱ってくれたことを伝えたものの、それも糠に釘。
結局最後は、「へぇ〜……いい社会勉強になりましたよ。」とこちらが引いて通話を切りましたが、自賠責保険の還付金請求なんてのは、誰でも出来る簡単な手続きでw

こんなものを「無料で行う」と恩を着せられた挙句に還付金をネコババされてはたまったものではありませんが、この手法で廃車手続きに無知な人から甘い汁を吸っている、ということでしょうか。

「廃車手続き無料」「レッカー無料」の謳い文句の裏側には、こうしたカラクリが隠されているわけです。
皆様も、廃車手続きの前に、車検切れまでに残る還付金がどれだけあるか、そして業者がそれをどのように取り扱っているのか、は必ずチェックしておきましょう。

引用元:みん評


父が21年間使った車を引き取ってもらいました。
廃車のつもりで引き取り費用のかからない所を第一に考えたので、買い取り価格は二の次でした。
車種と年式だけで10,000円に決まってしまいましたが、父としては「見に来た時にそれなりの値段がつくだろう」と思っていたようで、現物を見もせずに査定がなされる仕組みには不満が残ったようです。

10年前既に10,000円とメーカーから言われていたので、そんなものだとは思っていたようですが、車庫があるので雨露に晒しておらず、父が「見てもらえば」と思うくらいにピカピカではありました。

金額に関しては他社にも査定依頼しなかったこちらのミスですが、「ああ、これで決まりなんだ。他でも見てもらえばよかった」と感じた時には、既に遅しのキャンセル料の縛りです。どうにもなりませんでした。

口頭契約でキャンセル料を課すなら、引き取り金額も最低30,000円にするべきでは?と思います。
一応、振り込みは2日後にありました。

抹消予定が2週間後になっているので、皆さんの口コミを読んでからメールで催促しておきました。
2週間もかけられたら、月をまたぐ人が当然出てきますよね。

あと一番言いたいことは、電話1本を謳っておきながら、ネットを駆使しなければどうにもならない状況であったこと。
車種と年式で価格を決めたくせに、なぜその後に車体の写真を送信しなくてはならないのか?
いろいろと矛盾だらけです。

引き取りのドライバーさんは良い方でした。

引用元:みん評


現車確認せず値段提示。
違約金アピール。

車・車検証の写真を早くよこせ。
引き取り日程・時間はカーネクストの都合。
振り込みは催促の電話が来てから。

ホームページや広告に騙される人。

必ず後悔します。

引用元:みん評


カーネクストの口コミで、悪い評判のものは廃車買取業者を利用する際によくあるトラブルが多かったですね。

カーネクストの悪い口コミで多かったもの

・還付金の説明不足
・買取金額の不満
・口頭契約でキャンセル料が発生
・スタッフの態度が悪い


良い口コミと悪い口コミを見ていて感じたのは、カーネクストでは廃車にする前提の車を売るのにはおすすめです。

まだ乗れそうな車をできるだけ高く売るのであれば、廃車専門ではなく中古車の買取業者の方が良いでしょう。

そして残念ながら、スタッフの対応に関しては良い評価と悪い評価でかなり差があるようです。

そのため、カーネクストを利用する際には、還付金や手続きに関する基本的な知識がないと損をする可能性があります。

カーネクストの口コミや評判

みん評の口コミは、どうしてもネガティブなものが多くなりがちですが、それでも総合点が3点以下なので あまり評価が高いとはいえないでしょう。


カーネクストの特徴

カーネクストの特徴は、以下の5点です。

■車種により高価買取に期待できる
■どんな車でも0円以上
■問い合わせは日本全国年中無休
■引き取り手数料も必要なし
■書類手続きの代行費用も無料

それぞれについて、詳しく解説していきます。


車種によっては買取相場より高く買取!

カーネクストは海外に人気の車種だと高価買取に期待ができます。なぜなら、カーネクストは海外への独自の流通経路を確保しているからです。

具体的な海外の人気車種だと、上記で説明した通り、商業車やディーゼル車が挙げられます。

そのため、他の買取店と比べても海外で人気のある車種は高価買取の期待ができるのが、カーネクストの特徴の一つですね。


どんな車でも0円以上で廃車買取

カーネクストでは動かない車や、車検の切れた車でも0円以上で買い取ってくれます。

なぜ0円以上で買い取ってくれるのかと言うと、廃車にする車でも再利用できるパーツなどをリサイクルできる販路も持っているからです。

廃車するつもりでお願いしてみたら、0円どころかお客様に満足いく金額で買い取ってくれたという事例もあるみたいですね。


日本全国を年中無休で対応

カーネクストの問い合わせは、年中無休で対応してくれます。コールセンターの電話対応はもちろんのこと、廃車引き取りも土日祝日も対応しております。

車を廃車の引き取りをしてもらいたいタイミングは、もちろん休日が一番都合が良いタイミングという人も多いはずです。こう言ったタイミングに合わせて対応してくれるのはとても助かりますね。

また、立ち会いが難しい場合でも、立ち会い無しでの取引も行っているので、融通の効いたサービスを受けれるのもカーネクストの特徴の一つでしょう。


引取り・レッカー料金など無料

廃車を手放す時に、車検の切れた車や動かせない車などがよくあります。この場合はレッカー車などが必要となり、その分費用がかかってしまいます。

しかし、カーネクストでは、レッカー代や引き取り手数料なども無料で引き取ってくれます。

廃車を手放す上で不安を完全に払拭してくれるため、追加費用も一切無しなのは心強い特徴ですね。


書類手続きの代行費用も無料

車を廃車にするには必要書類があり、その書類の手続きを行わないと廃車にすることができないのですが、その手続きもカーネクストで無料で行ってくれます。

ちなみに、廃車手続き場合に必要な書類は下記の通りです。

普通車の廃車手続きに必要な書類

・車検証
・自賠責保険証
・リサイクル券
・印鑑証明書
・譲渡証明書
・委任状


軽自動車の廃車手続きに必要な書類

・車検証
・自賠責保険証
・リサイクル券
・認印

また、車検証を紛失した場合でも、カーネクストに相談すれば無料で再発行の手続きを行ってくれます。紛失した場合でも、まずは相談してみましょう。


\どんな車も高額買取!/



カーネクストではキャンペーンをやってる?

カーネクストで、買取のキャンペーンなどが開催されているかを調べてみました。

カーネクストには、Twitterの公式アカウントがあり、度々キャンペーンをおこなっているようです。

2021年12月には、引用リツイートでプレゼントのキャンペーンがありました。



このキャンペーンは、年末の感謝イベントとしてキャンペーンが開催されていました。

このほかにも、度々AmazonギフトカードプレゼントやQUOカードプレゼントなどのキャンペーンも行われています。

Twitterのフォロワーを増やすために、キャンペーンが開催されていることが多いようですね。買取の見積もりや成約などのキャンペーンではありませんでした。

不定期で様々なキャンペーンをおこなっているようなので、気になる方はTwitterでフォローしてみてください。

カーネクストを利用する3つのメリット

カーネクストを利用する3つのメリット
廃車の車でも、0円以上で買い取ってくれるカーネクストですが、利用するメリットは大きく3つあります。

カーネクストを利用するメリット

・廃車の手続きが全てまかせられる
・手続きは早くて安心
・不要なパーツも引き取ってくれる

インターネットを通じた廃車取引では、どうしても不安が生じてしまいます。

しかし、カーネクストが素早く対応してくれることで、安心できるという口コミが多くあります。

こちらも詳しく解説していきます。


カーネクストに廃車手続きを全てまかせられる

廃車のプロであるカーネクストだからこそ、丸投げでお願いしても全て対応してくれるのがメリットの一つです。



あなた自身で廃車を行うと、多くの時間を費やすのはもちろんのこと、場合によっては廃車を行うだけでも費用がかかったりもします。

そう言った点でも、カーネクストにお願いするだけでも、時間と費用面でマイナスになることはありませんね。


手続きが早くて安心

素早い対応は何よりのメリットでしょう。手続きが早いことで得られるポイントが下記の通り。

・自動車税の還付金が多く得られる
・買取金額の価値も早い方が有利
・書類の有効期限内に処理が終わる

手続きが遅くなるのは何より不安で、トラブルの元になります。

書類を揃えるのも時間がかかってしまうものです。早めの手続きを行ってくれるのは安心しますね。


不要になったタイヤなどのパーツも引き取ってくれた

カーネクストでは、不要になったタイヤやパーツも引き取ってくれます。



なぜなら、廃タイヤなどはエネルギーの二次的な原材料として活用することができるからということですね。

そして、廃タイヤは貴重な資源としても価値があると認証されてきています。カーネクストでは、廃タイヤをリサイクルすることを通じて地球環境に貢献しています。

最近よく聞くようになった、SDGsの一環といえますね。


カーネクストを利用するデメリット!苦情やクレーム実例

カーネクストを利用するデメリット!苦情やクレーム実例

もちろん、良い点ばかりではなく、カーネクストの悪い評判から考えられるデメリットも挙げられます。

カーネクストを利用するデメリット

・電話や営業がしつこい
・お金が振り込まれない
・キャンセル違約金が発生
・状態のよい車の買取評判は悪い
・タイミングによって還付金で損をしてしまう


デメリットから解決策まで、評判や口コミをもとに検証、解説していきます。


電話連絡・営業がしつこい

カーネクストの営業電話がしつこいと言う口コミが多くみられます。





車買取り業者において、しつこい電話や営業が来る理由は下記の通りです。

・車の価値が下がる前に買い取りたいから
・他社に車を取られたく無いから

こう言った理由から営業がきますので、最も効果的な対策としてはきちんと意思を伝えることです。

電話連絡は必要ないと伝える
・売る意思がない場合は、他の買取店で決めたと伝えてみる
・逆にこちらから電葉をする意思を伝える

今後の進展も無しに査定額を聞いただけでは、カーネクストも状況を把握しようと必死になるでしょう。

なので、こちらの意思をしっかりと伝え、なるべく電話の回数を減らすようにしてみましょう。

よくあるパターンとしては、着信があっても出ずにいると何度も掛けてくるというケースです。決めたらこちらから連絡するなど、もう電話はしてこないでほしいという意思をしっかりと伝えることが大切です。


売却金額の振込が振り込まれない

カーネクストでは、書類の確認後 2営業日以内の振り込みとしています。
廃車の買取代金のお振込みは、自動車と書類をお預かりし、書類不備等が無いと確認できた日から2営業日以内にお振込みさせて頂いております。

振込口座などに関しては、事前にお伺いいたしますが、廃車の引き取り完了後でも口座番号等をお伺いしていない際は、カーネクストよりご連絡させて頂き、口座番号をお伺い致します。

参考サイト:カーネクスト公式サイト


しかし、一部の口コミでは、カーネクストからの振込みが遅かったというものもありました。

2営業日以内の振込みが確認できない場合は、提出した書類や手続き上で何かしらの不備がある可能性があります。

この場合は、すぐに電話して状況を説明しましょう。

下記のような話もあります。




この口コミでは、「振り込まれない」との口コミがあっても、最終的にはきちんと振り込まれています。

書類の不備などがあった場合は、通常は業者側から連絡があるとは思いますが、あまりに遅い場合にはこちらが大きな損をしてしまうので、早めに連絡をとって対応してみましょう。


売却後のキャンセルに違約金が発生する

基本的に、売買の契約が成立した後にキャンセルを行ったら キャンセル料が発生してしまうものです。

しかし、カーネクストでは契約が口頭のみで進められることが多く、キャンセルの違約金でトラブルになる事例やクレームが多いようです。電話で「契約」を伝えた場合は、契約が成立しますので、急遽キャンセルをしたとしても、違約金が発生してしまうのです。

また、カーネクストの査定が他社と比べて特殊なため、トラブルになっていた事例もあるようです。

特殊な点は下記の通りです。

カーネクストの特殊な点

・実車査定は行わない
・電話で査定が完了
・電話で納得したらその場で契約成立
・その場からキャンセル違約金が発生する




一般的には、契約というと契約書に記入をしてハンコを押して、と言った流れが一般的ですよね。そのため電話だからと曖昧な返答をしてしまい、納得していない状況で契約が成立し、トラブルのきっかけとなっているようです。

キャンセル違約金を払わないようにするには、どうしたら良いのでしょうか。

・どんな金額でも、今は契約を決めないと伝える
・納得するまでは決めるとは言わない

上記のポイントを抑えて、絶対に中途半端な回答はしないようにしましょう。


状態のよい車の買取評判がよくない

カーネクストは海外への流通経路を確保しているころから、海外に人気な車種に買取金額がつきやすいと説明しました。

逆に程度の良い国内でも十分に使用できる自動車に関しては、他の買取専門店の方が高価な値段で買い取ってくれるみたいです。

カーネクストが、 状態のよい車の買取評判がよくないのは下記の3つの理由です。

・リサイクル再販やパーツ毎の販路がメイン
・海外への人気車種は高価な車では無い
・直接販売の経路がなく、仲介という形になってしまう

つまり、基本的にはプラスの査定はされず、自社の販売ルートなどで捌きやすい車種にはそれなりの値がつくと考えた方がよさそうです。

そのため、状態の良い高価な車を手放す際には、買取専門店にお願いすることをおすすめします。


買取のタイミングによって還付金で損する

そもそも廃車にする理由として、自動車税を払いたく無いという理由もあることでしょう。

自動車税の支払うことで、下記の内容を理解しないといけません。

・還付金は抹消手続きをした月の月末締めの計算になる
・自動車税は年払いで4月に登録されている人に請求される

車を廃車するタイミングで損することがあります。

・手放すタイミングを「来月に」と先延ばしにする
・4月に入ってから廃車にすると払わなくても良い税金を払ってしまう

また、4月に入る前にカーネクストで廃車の手続きをしたのに、自動車税の納付書が届くと言った口コミもみられます。






カーネクストで廃車手続きを行ったのに納付書が届いた場合は、支払う必要は無いので必ず、電話して対応してもらいましょう。


カーネクストは知恵袋での評判が悪い?

Yahoo!知恵袋などには、買取業者とのトラブルに巻き込まれて対策を教えてほしいという書き込みがされることがあります。

リアルな書き込みであることが多く、どんなトラブルがあるのかと知恵袋でトラブル事例を探してみるという人もいます。

カーネクストのトラブル事例や評判についても、書き込みがありました。これも一つの個人の体験談や口コミです。匿名からの書き込みなので、どこまで正確かも曖昧ですが一つの体験談の参考にする人も多いようです。

車買取 カーネクストに査定したら査定額0円だったので断りしたらSMSでのしつこい勧誘メールが頻度に受信されメール内容も本日限定で2万円で買取
しますって内容
はぁ~、、、査定0円だったのなんやねん?
カーネクストって評判よくないのですか?

引用:Yahoo!知恵袋より



最初は買取価格0円と提示されて、売らないといったら2万円にアップされたようです。

買取業者もビジネスなので、多少の買取金額の駆け引きはあるかもしれませんが、露骨に金額が変わると不信感を抱いてしまいますよね。

12月下旬にカーネクストという車買取店に買取査定の連絡をしました。
直ぐ携帯に電話が来て25万の査定だが、今日中に申し込みであれば30万にアップすると言われました。

その後30万で買取をお願いしたい旨の電話をしました。その際に、キャンセル料3万円の話をされ、今後のスケジュールの話。実際の店舗は無くて、近くの委託業者が正式な査定に行くので…。まず書類を送るのでと。最後に支払いの時期を質問したら、車を渡してから約1か月程掛かるとの事。

一度電話を切ったが、再度支払時期に納得が行かなかったので電話を掛けた。最初の担当者が電話中で、用件を聞かれ、支払い時期に納得が行かないと話したら、キャンセル料3万円の話。

即ネットでカーネクストを検索すると評判が大変悪く後悔。何度か電話をしたが、最初に話した担当者は電話中とか休みとの事で電話には出さない様子。

書類が送られてきたがそのまま放置。最悪、キャンセル料3万を払う事も考えながら消費生活センターに相談したりしたが無駄だった。その後、年末急遽病気で入院する羽目となり…。

約1週間後、業者との査定のメールが来たが、その時私は病気で入院中だった為、入院中の事と病気で車の買い替えや現在の車を買い取ってもらう事も保留にして欲しいと話し、先方も了承。その後無事退院して、カーネクストからの連絡が来なく、放置していたが約2か月経過の最近になり3度ほどの電話。

今の処、電話には出ないで無視しています。此方からあえて連絡をして、キャンセル料3万円を払うのも馬鹿らしいが、この様な状況は法的に契約が成立しているのか?キャンセル料は妥当なのか?アドバイスを頂ければと思います。

引用:Yahoo!知恵袋より


電話で口頭の契約を行い、数分後?に再度買取を考えたいと伝えると、キャンセル料がかかるという回答だったというトラブルですね。最終的に、どういう結果になったのかまでは書かれていませんが、30,000円のキャンセル料の支払い義務があるのか心配になります。

もし、実際に自分がこのような立場になったら、相手は会社ですし訴えられたりしたら嫌だなと不安になってしまいます。国民生活センターのHPに掲載されていた事例で、似たような事例についての回答がありました。

カーネクストでキャンセル料を支払わないとどうなる?

Q:インターネットで中古車の廃車買取 サービスを探し、メールで申し込みました。その後、廃車を専門とする買取事業者から電話があり、廃車をする車の状況を説明し、買い取ってもらうことを「口頭で承諾」し電話を切りま した。

しかし、口頭で承諾をしたものの車を売ることを考え直し、数分後に電話で継続使用す ることを買取事業者に伝えたところ、「電話を 切ったあとすぐにレッカーの手配をしたので、違約金(キャンセル料)一律30,000円を請求する」と言われました。支払わなければならないでしょうか?

A:今回のケースは、当協会のモデル約款を採用していない非会員の買取事業者に、インターネットを利用し、電話で買取の承諾をしたが、数分後にキャンセルする旨を連絡したところ、買取事業者より「違約金(キャンセル料)一律 30,000 円を請求する」と言われたという相談です。

契約は電話またはメール、ファクスでも成立し、書面による契約と同様の責任を負うことになります。

しかしながら今回のような違約金請求の場合、消費者契約法第 9 条第 1 号(消費者が支払う損害賠償の額を予定する条項等の無効)では、「当該消費者契約の解除に伴う損害賠償の額又は違約金等を合算した額が当該条項において設定された解除の事由、時期等の区分に応じ、当該消費者契約と同種の消費者契約の解除に伴い当該事業者に生ずべき平均的な損害の額を超えるものについては、当該超える部分を無効」と規定しています。

契約成立後とはいえ、相当初期の段階であることは明らかであり、契約後のキャンセルについてレッカー手配にかかる「違約金として一律30,000 円を請求された」場合、

①契約後レッカー手配が行われるまでは、実際に損害が発生しているとは考えにくい。

②レッカー手配がされていた場合でも、これを解約した場合に買取事業者に発生する損害の額が、必ずしも「一律30,000 円」とは限らない。

前述①②から、消費者契約法第 9 条に違反するのではないかと考えられます。違約金(キャンセル料)を請求された場合には、その内訳や合理的な根拠を書面で求め、それが妥当なものなのか確認することが必要です。

引用:国民生活センターHPより(一部抜粋)

 

国民生活センターのホームページに、口頭での契約とキャンセルについて、一般社団法人日本自動車購入協会(略称:JPUC /ジェイパック)の見解が掲載されていました。

業者によっては、口頭での契約でも契約は成立しており、その後のキャンセルは一律でキャンセル料が掛かるとしているところが多いでしょう。

しかし、状況や口頭での伝え方、数分後にキャンセルの意思を伝えていることなどから、損害が明らかに発生していないであろう場合には、内訳など損害の詳細を書面で回答を求めるべきであるとしています。

ただし、これもあくまで1つの見解であり、業者側が既にレッカー車の手配をしていたり、何か損害があると回答してくれば、支払う必要があるでしょう。

実際にこういうやりとりや不毛ですし、手間がかかる割にこちらが得るものはないです。

そのため、こういったトラブルを避けるためには、口頭でも迂闊に契約となるような返答をしないように気をつけましょう。



カーネクストの廃車の流れ

カーネクストの廃車の流れ

カーネクストでの廃車の流れを説明します。大きく分けて、下記の5つの工程からなります。

カーネクストでの廃車の流れ

①無料査定を依頼する
②成約して日程をきめる
③必要書類の準備
④車両引き渡し
⑤抹消手続きと振り込みの確認

 

それぞれの流れを解説していきます。


①無料査定を依頼

まずは、無料査定をしてもらいます。カーネクストでの査定依頼の窓口は、電話からとネットの申し込みフォームからの2つがあります。

■電話:0120-301-456
■インターネット:https://carnext.jp/


電話の場合は、8時から22時までしか受け付けてくれませんので、インターネットで申し込むのが無難でしょう。

インターネットの申し込みで必要な項目は、下記の内容です。

・メーカー
・車種
・名前
・電話番号

上記の4点は、正確な情報を確認しておきましょう。

インターネットからの申し込みであっても、その後電話がかかってきます。営業の電話にて、さらに詳しく車のことを聞かれて、査定していく流れになります。

・車種名
・年式
・車検満了日
・走行距離
・ボディーカラー
・オプションパーツなど有無
・傷の有無

これらの情報を伝えた上で、電話で査定が完結します。この時に、金額を提示されますが少しでも高く売りたい場合は、この時点で「売ります。」とは伝えないようにしましょう。

営業マンによっては、「今決めてくれれば、〇〇円まで買取価格をアップできます。」などと、誘惑をしてきますが、「売ります」と伝えた瞬間に契約成立となりますので、納得した場合にのみ意思を伝えましょう。


②成約して日程をきめる

成約した場合は、引き取りの日程を決めます。

この場合で注意する点は以下の通り。

・車検切れかどうか
・自走可能か
・レッカー車が必要か
・当日の立会いが可能なのか

車検切れや自走不可能な車であってもレッカー代も無料で手配してくれますので、きちんとヒヤリングを行いましょう。


③必要書類の準備

買取をしてもらう際の、基本的な必要書類は下記の通りです。

買取に必要な書類

・車検証
・印鑑登録証明書(軽自動車は不要)
・実印(軽自動車は認印)
・ナンバープレート
・自賠責保険証
・リサイクル券
・委任状
・譲渡証明書


基本的には、車検証と一緒に保管している書類がほとんどです。

しかし、印鑑証明書はご自身で揃えないといけない書類ですので、お近くの区役所などで取得しないといけません。

有効期限が「発行日から3ヶ月以内」とされていますので、以前取得したギリギリの期限のものでなく、改めて発行したものにしましょう。


④車両引き渡し

書類が揃い、日程が決まったら車両の引き渡しを行います。

車両をレッカー車などを使用する場合は、安全に引き渡せる場所を伝えましょう。前日に、引き取り業者から確認の連絡がきますので、忘れずに連絡を取りましょう。

この時に、書類関係を一緒に準備しておきましょう。

また、当日の立会いができない場合でも対応してくれますので、その場合は必要書類を郵送にてお願いする流れになります。


⑤抹消手続きと振り込みの確認

書類や車両の不備が無いことが確認できたら、2営業日以内の振込されます。

また、抹消手続きが完了したら、抹消手続き完了の書類が郵送される流れになります。抹消手続きが完了したら、下記の手続きを行いましょう。

・任意保険の解約
・自動車税の還付金

どちらも手続きを行わないと損をしてしまいますので、必ず行いましょう。

任意保険に関しては、自走できないタイミングや手放すタイミングで早めに行った方が良いでしょう。

自動車税の還付金に関しては、廃車登録を行ってから、2ヶ月程度で各都道府県税事務所から還付通知が届きます。還付通知が届いてから、最寄りの銀行や郵便局で受け取りましょう。


廃車を依頼する前に「しゃうる」の一括査定を試してみるのもおすすめ

画像参照:https://trend-research.jp/12323/

車の買取査定の金額において、1社だけで見積もりを取るよりも複数社に見積もりを取った方が満足度が高かったというデータがあります。また、9割以上の人が複数社の見積もりには差があったと回答しているのです。

つまり、1社目の見積もりで決めてしまうと、後悔や損をする可能性が高いということです。

最初に試しにと思って見積もりをお願いしたら、自分が想定していたよりも高い査定額を提示された。

「今決めてくれれば、もうちょっと頑張れます。」と提案されて、即決してしまったが後々調べてみると、他社ならもっと高い金額で売れたかもしれない。

そういうケースが多いようです。

「正直、廃車にするよりも高く買い取ってくれるなら買い取ってもらいたい。」そう思うのは当たり前のことですよね。

でも、各買取店に足を運ぶのはとても簡単なことではありません。

そんな方におすすめする方法が一括査定です。一括査定をおすすめする人の特徴は、下記の通りです。

・1社だけの見積もりだけでなく他の見積もりもみてみたい。
・他店の方が高いのでは?と不安になる。
・買取金額で後悔したくない

一つでも当てはまる人は、一括査定の「車買取しゃうる」を利用してみましょう。

しゃうるを利用するメリットは、下記の通りです。

しゃうるを利用するメリット

・最大8社から査定金額が比較できる
・全国100社近く提携していて高価買取に期待できる
・カーチス、オートベル、アップル、カーセブンなどの大手買取店も提携
・簡単30秒で査定申し込み


上記のように、他社がいる状況だと思わぬ高額査定額を提示してくれる場合があります。

査定申し込みの手続きも非常に簡単で、たったの30秒で査定申し込みが可能です。

また、しゃうるであれば過去のクチコミを確認できます。

種別の査定してもらった生の声を確認して、イメージして見るのも良いでしょう。

とりあえず数社からの査定金額を知りたいという方にもおすすめです。
 

車買取シミュレーションフォーム



よくある質問

カーネクストの中古車買取でよくある質問
ここからは、カーネクストを利用する人がどんなことで悩んでいるかを調べました。

・口頭契約なの?
・手続き状況の確認ってできる?
・キャンセルってできるの?
・カーネクストって消費者センターに報告事例があるの?

よくある4つの質問から詳しく解説していきます。


カーネクストって口頭契約なの?

カーネクストに限らず、車の買取依頼は口頭の契約でも成立します。そのため、 納得していない状況で「契約する」「売ります」と言わないようにしましょう。

廃車買取では、基本的に迅速に対応してくれるので、契約に待たされるということはありません。複数社に見積もりを出してもらって、 納得できるまで判断を遅らせることが損をしないために必要なポイントです。



私たちの契約というイメージだと、書面にてハンコや必要事項を記入するのが定着していますが、カーネクストでは電話だけでも成約となります。

口頭の方が早いというメリットがある反面、正式な契約になっていると理解しておらず、キャンセルしたくなった際にトラブルになる例が多いですね。


手続き状況確認ってできるの?



カーネクストでは、今まで進行状況をメールで連絡していましたが、手続きの進捗状況を追跡できるシステムが導入されています。契約時にカーネクストから発行される16桁の問い合わせ番号を打ち込むと、現在の状況が表示されます。

廃車の追跡をする

手続きがどこまで進んでいるのかな?と、今の進行状況を確認して、安心したいという方は利用してみてください。

買取が確定した後にキャンセルできるの?

原則、買取の契約が成立した後のキャンセルには、 キャンセル料として30,000円が掛かります。

口コミやYahoo!知恵袋への書き込みでも、電話で買取の依頼をして数分後に取り消したいと連絡しても、違約金で30,000円を請求されたという例がありました。

法律上でも、双方の納得が言った際には口頭でも契約は成立するとされています。一つの契約が成立することにより、費用や作業が発生するためにキャンセル料が設定されています。

具体的に、下記のような費用が挙げられます。

・レッカー代
・レッカー運転手の人件費
・事務手数料代

契約一つで、たくさんの人が動き費用がかかります。

「買取金額が0円だから良い」「手放す意思が変わった」という自分勝手な理由だけで、契約やキャンセルは行わないようにしましょう。

カーネクストって消費者センターに報告事例がある?

カーネクストのイメージが悪い口コミもよくみられます。そう言った点から、消費者センターに報告事例があるか確認してみました。

結論からいうと、国民生活センターや消費者庁の公式サイトからの検索でカーネクストに関する報告はありませんでした。

SNSや口コミサイトなどでは、匿名ということもあり直接話をするわけでないため、多少過剰な表現で書き込みをしたり、イメージを悪くするといったこともあります。

国民生活センターや消費者庁への苦情がないことから、安心して利用しても問題ないでしょう。

しかし、中古車の買取に関するトラブルは、先ほど記載した国民生活センターの掲載などもあります。契約の成立に関して、口頭などでも気をつけるべきですね。


まとめ

カーネクストまとめ
廃車の買取に力を入れている「カーネクスト」に関して、利用者の声や利用方法についてまとめました。

カーネクストでは、口頭契約でもキャンセルすると違約金が発生してしまうということもあり、キャンセルした利用者からのイメージが悪いみたいですが、きちんと調べてから問い合わせすれば何も問題ないですね。

買取に期待できず、廃車するのに費用がかかってしまう車はカーネクストにお願いするのが良いでしょう。

また、カーネクストに廃車にする前に一括査定の「しゃうる」から査定額を確認してからでも損はありませんね。

一社一社、足を運ぶ必要がなく、より多くの買取店から金額を確認することができれば、愛着のある車を価値のわかる業者へ買い取ってくれる可能性があるため、後悔なく手放せることでしょう。

愛車を手放す際に、少しでも後悔のないようにするための参考になれれば幸いです。

 

車買取シミュレーションフォーム

>>>ソッキン王についての情報はコチラ!
・ソッキン王の評判・口コミは?確実に「即日現金」を叶える方法も紹介
>>>カーセブンについての情報はコチラ!
・カーセブンの評判や口コミを調査!中古車買取業者との比較や購入についても解説
>>>廃車ラボについての情報はコチラ!
・廃車ラボってどんなサービスがあるの?評判もあわせてご紹介!
>>>廃車買取おすすめ業者についての情報はコチラ!
・廃車買取のおすすめ業者は?実際にあったトラブルや評判を調査!
>>>電話なしで買取査定を調べる方法についての情報はコチラ!
・車査定を電話なしで調べる方法!個人情報なしおすすめのサイトを紹介
>>>大体の買取査定額を調べる方法についての情報はコチラ!
・だいたいの車買取査定の評価額まとめ!中古車相場をシュミレーション
>>>事故車の買取業者についての情報はコチラ!
・事故車の買取業者おすすめランキング!高価査定を引き出すポイントを紹介
>>>ディーラーでの買取についての情報はコチラ!
・車の売却はディーラー下取りと買取業者どっちがおすすめ?
>>>輸入車買取についての情報はコチラ!
・外車・輸入車で高額査定を出すコツ!買取相場の調べ方やおすすめ業者5選
>>>ユーポスについての情報はコチラ!
・ユーポスは事故車も買い取る?口コミや評判を徹底調査

買取査定にまつわる疑問・噂のコンテンツ一覧

車の売却はディーラー下取りと買取業者どっちがおすすめ?

車を乗り換える際にディーラーに下取りに出すのか、はたまた買取業者に売るのが良いのかとお悩みの人も多い...

車査定相場を電話なしや個人情報なしで調べる!おすすめサイトを紹介

すぐに車を売る気はないものの、「売るとしたら自分の車の買取金額の相場がいくらくらいなのかを知りたい」...

廃車買取のおすすめ業者7選!実際にあったトラブルや評判を調査

車の廃車を検討している方の中には、 「どのように廃車したらよいか分からない」 という方や、 「廃車に...

車買取革命(旧:車査定買取の窓口)とは?評判や査定・買取の流れについて

近年、『車買取革命(旧:車査定買取の窓口)』というサービスが展開され、注目を浴びています。 このサー...

シーボーイの評判ってどうなの?買取の特徴やよくある質問について

大切に乗ってきた車を手放す際には、少しでも高価買取してもらえる業者に買取をお願いしたいですよね。 し...

車買取タイガーの口コミや評判は?買取ランキング人気は軽自動車がおすすめ

関東に住んでいる方は、「車買取タイガー」という看板を見たことがある方もいるかもしれません。 車買取タ...

ハイシャルの評判や口コミは?廃車買取の実績やキャンセル料を徹底調査!

廃車買取専門の業者「ハイシャル」を、実際に利用した人の評判や口コミについてまとめています。 「廃車寸...

廃車ラボの評判や口コミ!どんなサービスがあるのかもあわせてご紹介

「廃車するのには、手数料がかかる」そう思っている人も多いかもしれません。 しかし、引取り無料!手続き...

カーネクストの口コミや評判を調査!CMしつこいや悪質など苦情の内容も紹介

今回は廃車の買取を専門で行っているカーネクストの口コミや評判から、おすすめできる業者なのかどうかを調...

ビッグモーター口コミや評判がやばい?売却後の減額トラブルなどを調査

車に乗っている人なら、街中やテレビなどでもビッグモーターの名前を一度は見たり聞いたりしたことがあるで...

車買取アップルの評判や口コミ!持ち込みで高額になる?減額や二重査定はあるのか調査

愛車の買取をしてもらうなら、買取金額が高いのはもちろん、スタッフの対応が良いところにしたいという方は...

車買取ジャックの口コミや評判!利用者の体験談からメリットやデメリットを調査

車買取り業者を検討する中で、さまざまな業者があるためにどの業者に査定を依頼するのか迷いますよね。 大...

ユーカーパックの評判や口コミでは売れない?買取相場を調べる方法を調査

車を売ろうとして色々と調べて見ると、「ユーカーパック」という名前を見たことがあるという人も多いでしょ...

外車王の評判をリサーチ!SOKENの情報や提携店ネクステージとの比較も

外車や輸入車を手放そうと考えている方の中には、外車王という業者に査定をしてもらおうかと考えている人も...

ケーユーの評判ってどうなの?買取の特徴やよくある質問について

この記事では、中古車買取店ケーユーの口コミや評判を調べてまとめています。 ケーユーで車を売ろうかと悩...

オートバックス買取の口コミや評判!キャンペーンやカー用品セコハン市場についても解説

オートバックスというとカー用品店のイメージが強いですが、実は中古車買い取りや販売も行っています。 カ...

廃車王の評判と口コミを徹底解説!2ch(5ch)の評価の真相とは?

愛車を手放す際に、年数によっては買取の値が付かない事もあります。 中古車としての需要が少ない車種や、...

カーセンサーの買取の口コミや評判は?電話なしでも査定する方法を調査!

車買取の一括査定サービスは数多くありますが、一括査定サービスの中でもリクルートが運営している「カーセ...

【2022年版】車買取会社のズバブーンの悪い口コミや評判を徹底紹介!

一括査定依頼サイトであるズバブーンに関して、悪い口コミと良い口コミについて、それぞれ調べてみました。...

【2022年最新版】オーラッシュの評判とは?大手で信頼できるって本当?

​​オーラッシュは関西を拠点とし、高級輸入車・会社を中心とした中古車販売や買取を行っている業者です。...

車買取店ラビットの評判や口コミを調査!減額や二重査定はない?

この記事では、車買取店のラビットの口コミや評判、おすすめできる業者なのかについてまとめています。 車...

ネクステージの評判や口コミが最悪?買取システムの特徴やクチコミをご紹介

ネクステージは、東証一部上場の企業で主に中古車販売や買取を行う業者です。20年以上にわたって販売や買...

だいたいの車買取相場だけ調べる方法!中古車査定シュミレーションできるサイト紹介

車は人生の中でも、家に続いて金額の大きな買い物です。 仲間や家族と一緒に出かけたり、日常的な移動手段...

2019年9月に最も査定に出された車は何?ランキングトップ10のご紹介!

9月は1年のうちで2番目に査定依頼が多い月です。 理由は、一年の後期に辺り、後期に向けて転勤の辞令等...

長距離の運転をしても丈夫な車種は何?

長距離通勤、長距離旅行が趣味等の方は直ぐに毎年何万キロも走りますよね。 ...

フェラーリは本当に値段が下がらない?中古のプリウスを維持するよりも安い?実際のデータから検証

「フェラーリは値下がりしない」という噂、巷で良く聞きますが本当なのでしょうか? ...

(走行距離編)値下がり率の低い車、高い車は?約15万件の査定データから算出

車を売る事を考えたら、値下がり率の高い車と低い車は何か知っておいたほうが、乗り換えを考えると得ですよ...

白・黒以外の車の査定額は低いのか?1,318件のプリウスのデータから調査。

...

実際の査定データより検証!適切な車の売却時期は春?

車を売るからには、できるだけ高く売りたいもの。新しい車への乗り替えを検討している人は、買い替えの資金...

改造している車は安くなる?

車が好きな人なら社外パーツを取り付けて、車を「自分仕様」に改造したくなるもの。ドレスアップやチューン...

ボロボロの車でも買い取ってくれるの?

古い車や事故車は買い取り店に持っていったら、門前払いで嫌な思いをすると思って廃車処理をしようと考えて...

最高額チェック

3ステップ 3ステップ
  • ステップ1
    WEBで査定申込9項目だけ入力のカンタン申し込み!
  • ステップ2
    査定結果をご連絡買取店からメール又は電話でご連絡
  • ステップ3
    売却先を決める各社からの査定金額を比較して、最高額で売却!

査定依頼スタート!

Step 1

車両情報の入力

Step 2

お客様情報の入力


※郵便番号が不明な方はこちら

※お住まいの地域によって査定額が異なる場合がございます。

※いたずら、なりすまし防止のために利用します。