売却前の車の清掃は評価には変わら無いよね?
査定に出す前に、車をどこまで掃除すればいいのかは悩むところです。「どうせ売るんだし、掃除は簡単でいいよね」と考えている人も多いのではないでしょうか。

しかし、掃除していない車は査定で低評価につながってしまうケースも多く、掃除をしておくことをおすすめします。

では、なぜ掃除したうえで査定に出したほうがいいのか、その理由を見てみましょう。



【においは低評価につながりやすい…】


車を使っていると、外装はもちろんのこと、車内のシートやフロアマットなども汚れてきます。

室内の清掃状態のなかでも、査定で最も低評価につながりやすいとされているのが「におい」。においは査定時の印象に大きく影響しますので、査定に出す際は必ず気をつけておきたいポイントです。

ペットを乗せてドライブをする人なら、車内に動物のにおいが残っているはずですし、喫煙者ならタバコのにおいが残っていることも多いもの。趣味が釣りの人なら、魚や餌などの生臭いにおいが残っている場合もあるはずです。

査定に出す車に事故や補修歴、パーツの欠品といったマイナス査定に影響するポイントがなかった場合、室内の清掃状態が査定評価に関わってきます。そのなかでも、においは査定士の印象に強く影響します。

愛車を丁寧に扱ってきたことで、せっかく高額査定に結びつきそうなのに、においが原因で低評価になってしまうのはもったいないので、車の掃除はもちろんのこと、においは特に注意しましょう。



【掃除せずに査定に出したときの低評価事例】


「掃除していないことが低評価につながるといっても、どうせわずかな違いでしょ?」と軽く考えている人もいるかもしれませんが、実際に車を掃除しないまま査定に出したときに、低評価を受けた事例はたくさんあります。

ある買取会社では、基本的に車内清掃や洗車は査定に影響させない方針で営業しているそうですが、掃除されていない車であまりにも印象が悪いと、マイナスの査定をすることもあるようです。

ある多忙な会社経営者の車を査定した際、車内が掃除されていないだけでなく、食べカスやゴミ、ダッシュボードにはホコリ、ボディには泥はねがそのまま放置されている、見た目の印象が最悪の車を査定することになったそうです。

それほど古い車ではなかったにも関わらず、最終的には基本相場から10万円も安い見積もりを出さざるを得なかったとのことです。

掃除せずに査定に出すことが低評価につながった事例ですが、裏を返せば、しっかりと掃除して査定に出していれば、査定額が10万円も上乗せされたということになります。

一括査定ならば、複数の会社間で競争が働くため、最終的に10万円の減額にはつきにくいかも知れませんが、やはりどの業者からも敬遠はされるでしょうから、減額は十分にありえます。


【掃除をしっかりした車はプラス査定につながりやすい!】


しっかりと掃除した車は、低評価の査定を避けられるだけでなく、査定士に良い印象を与えられるため、プラスの査定がつきやすくなります。

査定士は車を冷静で公平に査定するのが基本ですが、買取会社の査定士も人間です。日頃からきれいに手入れされた車を見れば、マメなオーナーの所有車だと判断できますし、オーナーの性格から日頃のメンテナンスも期待できるため、プラスの査定をつけやすくなります。

車の第一印象は査定額を左右しますので、査定士に無言の高額査定アピールができるよう、査定前にはしっかりと掃除しておきましょう。


【査定前の掃除のポイント】


査定に備えて掃除しておくポイントは、車の外装と内装の両方です。

査定の第一印象につながる外装は、外見がきれいかどうかをチェックされます。日頃から洗車やワックスがけをしているなら、査定士の印象も良くなることでしょう。

日々の洗車やワックスがけをしていない場合でも、査定前にはコイン洗車程度は行っておきましょう。洗車後にしっかりと拭き上げておくことがポイントです。

内装でチェックされるのは、シートやフロアマット、ダッシュボード周辺です。
特にハンドル周りはドライバーの目につきやすい場所なので、しっかりと掃除しておきましょうう。

査定に大きく影響するにおいは、除菌効果のある台所用洗剤を薄め、霧吹きに入れて吹き付けることで消臭できます。

タバコのにおいは車内に不着したヤニが原因のため、室内のあらゆる場所についたヤニを落とさなければなりません。
また、タバコのにおいはエアコンから吹き出される風からも臭ってきますので、エアコン専用のにおい消しスプレーを使ってしっかりと掃除しましょう。

車の掃除も業者に依頼すれば、車内の丸洗いやクリーニング、除菌による除臭施工を任せられますが、お金がかかってしまいます。プロに依頼しなくても、査定に影響するポイントをしっかりと掃除してあげれば、査定士にプラスの印象を残せます。

マイナス査定を避けるだけでなく、プラス査定にもつながる査定前の車の掃除。どうせ売る車だからと手を抜かず、査定前にはしっかりと掃除するよう心がけましょう。

又、傷の修理と同じ事が言えますが、お金は必要以上にかけない様にしましょう。特に業者などに依頼して、お金を掛けた分プラス査定になる事はあまりありませんので、その点は十分に注意をする必要があります。



買取査定額に関するポイントのコンテンツ一覧

車検後の方が高く買い取ってくれるの?

車を売ろうとしたとき、「車検が残っているほうがいいのか、切れていてもいいのか?」と疑問に感じる人も多...

売却直前に傷は直しておくべき?

車に傷や凹みがあると、たとえそれが小さなものだとしても、買取金額を下げる原因になる場合があります。 ...

車の査定はどこを見る?

車の買取を依頼をするときは買取会社での査定を受けます。では、査定士はいったいどこを見ているのでしょう...

売却前の車の清掃は評価には変わら無いよね?

...

事故車、こっそり売ってしまって良い?

事故歴のある愛車を売りに出すとき、買取額が下がってしまわないように、事故車であることを隠しておこうと...

モデルチェンジ前に査定すべき

一度査定に出して、特に走らせ無かったとしても、しばらく経った後に急激に査定額が下がるケースがあります...

最高額チェック

3ステップ 3ステップ
  • ステップ1
    WEBで査定申込9項目だけ入力のカンタン申し込み!
  • ステップ2
    査定結果をご連絡買取店からメール又は電話でご連絡
  • ステップ3
    売却先を決める各社からの査定金額を比較して、最高額で売却!
<