車の査定はどこを見る?
車の買取を依頼をするときは買取会社での査定を受けます。では、査定士はいったいどこを見ているのでしょうか。
査定に影響するポイントを知っておけば、マイナス査定を受けるリスクも減らせます。

ここでは、車の査定時に査定士がどこをチェックしているのか見ていきましょう。



【査定では修復歴があるかどうかをチェックされる】


査定士は、ボディーの傷やボディーの骨格に修復の跡があるかどうかをチェックします。

ちょっとしたキズでも目立ってしまうボディー外板の傷。査定に出すときは外板のキズが気になってしまいがちですが、実はボディー骨格に修復の跡があるかどうかが、査定に大きく影響します。

査定士は業界共通の「査定基準」にもとづいて車の査定を行います。査定基準によると「交通事故やその他の災害によって、自動車の骨格などに修復歴がある車」をマイナス査定の条件としています。

そのため、車の骨格にあたるフレーム、クロスメンバー、インサイドパネル、ピラーなどの部位に修復歴があると、査定額が低下してしまうのです。

また、事故歴のある車は事故車扱いになり、大幅なマイナス査定を受けてしまうイメージがありますが、必ずしもそうとは限りません。ボディーに傷やヘコミがある場合、多少のマイナス査定を受けるものの、それほど大幅な査定額の低下には結びつきません。


【エンジンルームには査定材料がたくさんある】


エンジンルームには事故歴を判断する情報がたくさん詰まっているため、査定士は入念にチェックします。

エンジンルームのチェックではまず、目視でヘッドライトの曇りや経年変化の差を確認します。また、ボンネットの立て付けやヘリの塗装の具合もチェックします。

査定士はボンネットがまっすぐに取り付けられているか、付け根の兆番のねじに回された跡がないかどうかをチェックし、事故歴を判断します。

さらに、車が衝突する場合、先端から当たるケースが多いため、先端からパネルの接合部分もチェックします。

事故をしていないように細工をしにくい狭い所を入念に見ますので、まず事故をしていない様に偽装する事は不可能です。

あとは各部のオイルにじみや漏れもチェック対象になります。
オイルにじみなどの症状が目立つ場合は、買い取る側の修理代が見込まれるため、マイナス査定に結びつく可能性が高くなります。

オイル交換や日常点検時には、ボンネットを開ける機会もあるはずです。

小まめな日常点検を欠かさなければ、ボンネット内の異常にも気づけるはずです。査定時に高い評価を受けられるよう、エンジンルームのコンディションもチェックしておきましょう。


【内装は車内のにおいがマイナス査定に結びつく…】



内装はシートや天張りのたるみなどが査定項目になりますが、特に注意しておきたいのが「におい」です。

査定時に減点対象となるのは、タバコのにおいやペットのにおいなど。他にも、趣味の海釣りに車を利用している人は、魚やエサの生臭いにおいが査定に影響することに注意しましょう。

また、車内で快適に過ごすために強い芳香剤を使っている人もいますが、タバコやペットのにおいを消すための芳香剤だとしても、香りが強すぎると減点の対象になってしまいます。

中古車を購入する人は、車内のにおいに敏感です。買い取る側もそれを見越し、においが残った車は査定時にマイナス評価をします。
専用の消臭剤を車内循環させ消臭する方法もありますが、日ごろから小まめに清掃を行い、換気するなどして車内をさわやかに保っておくことをおすすめします。



【社外パーツを取り付けたときの純正パーツがあるかどうか】



愛車をグレードアップするために、より高性能なエンジンパーツに交換したりエアロパーツをつけたりして、車をカスタムしている人もいるはずです。
査定に出すことを意識するなら、車のカスタム時に取り外した純正パーツはしっかりと保管しておきましょう。

車はカスタムすることで査定時の価値が上がるものではありません。純正パーツが保管してあり、オリジナルの状態に戻せるということに価値が出てきます。

カスタムされた車は高性能で高価なものも多く、プラス査定に結びつきそうな気もしますが、なかにはそれを必要としない人もいます。
また、社外パーツは車検の基準ギリギリのラインで設計されていることが多いため、車検に通らないこともあります。

たくさんの需要が見込めることこそ、高額査定のポイント。そのためには、社外パーツから純正パーツに戻す必要もあるため、純正パーツが保管されていない場合や、カスタム前の状態に戻せない場合は、マイナス査定の対象になります。

査定のことを考えるなら、純正パーツの保管はもちろんのこと、元の状態に戻せないようなカスタムは控えておくことをおすすめします。

しかし、カスタマイズに関しては、上記の話は一般的な買い取り会社での話になります。全ての車の買取会社がカスタムをした車を敬遠する訳ではありません。

趣味性の高い車を上手く、その様な車が好きな購入者にアプローチを出来る販売会社もいます。その様な会社は、高く販売が出来る方法を知っていますので、一般的な買い取り会社よりも強気の査定金額を提示してくれるケースもあります。

一括査定ならば、そういった会社からの提示金額を確認する事も可能なので、是非試してみましょう。


車の査定では、スペックや走行距離をはじめ、ボディー骨格の修復歴や車内のにおい、純正パーツの保管など、さまざまな部分がチェックされます。少しでも高額査定につながるよう、日ごろから車の扱いやメンテナンスを意識してみてはいかがでしょうか。




買取査定額に関するポイントのコンテンツ一覧

車検後の方が高く買い取ってくれるの?

車を売ろうとしたとき、「車検が残っているほうがいいのか、切れていてもいいのか?」と疑問に感じる人も多...

売却直前に傷は直しておくべき?

車に傷や凹みがあると、たとえそれが小さなものだとしても、買取金額を下げる原因になる場合があります。 ...

車の査定はどこを見る?

車の買取を依頼をするときは買取会社での査定を受けます。では、査定士はいったいどこを見ているのでしょう...

売却前の車の清掃は評価には変わら無いよね?

...

事故車、こっそり売ってしまって良い?

事故歴のある愛車を売りに出すとき、買取額が下がってしまわないように、事故車であることを隠しておこうと...

モデルチェンジ前に査定すべき

一度査定に出して、特に走らせ無かったとしても、しばらく経った後に急激に査定額が下がるケースがあります...

最高額チェック

3ステップ 3ステップ
  • ステップ1
    WEBで査定申込9項目だけ入力のカンタン申し込み!
  • ステップ2
    査定結果をご連絡買取店からメール又は電話でご連絡
  • ステップ3
    売却先を決める各社からの査定金額を比較して、最高額で売却!
<