事故車、こっそり売ってしまって良い?
事故歴のある愛車を売りに出すとき、買取額が下がってしまわないように、事故車であることを隠しておこうと考える人もいるでしょう。

きれいに修理したので事故車だと分からないはずだと、正しく申告しないままこっそり買い取ってもらおうとするケースです。

しかし、事故車であることを隠して車を買い取ってもらおうとするのはトラブルの原因になります。。事故車であることは必ず伝えるようにしましょう。

では、なぜ自ら事故車だと申告したほうがいいのでしょうか?



【プロの目はごまかせない!】


車の査定士は百戦錬磨のプロ。何年もの間、日頃から何台もの車を査定しています。また隠して売ろうとしているユーザーとも何度も対峙しています。
どれだけ隠そうとしても、その目をだますことはできません。


どれだけきれいに事故の痕跡を修復できていたとしても、きれいに直りすぎている箇所は逆に怪しいと判断されてしまいますし、キズそのものは直せていても、補修・修理した履歴が目についてしまいます。

査定士は査定中に怪しいと感じた箇所がある場合、そこを入念に確認するために、複数の条件でチェックする場合もあります。事故車であることは、確実に見抜かれてしまうと考えておきましょう。

また、買取額が下がってしまうことを避けるために、お金をかけて事故の痕跡をきれいに修復しようとする人もいますが、痕跡は消せても事故歴は見抜かれてしまいます。

事故によるキズで買取額が下がるのではなく、事故歴そのものが買取額に影響します。

事故車であることを隠すために、たくさんのお金をかけることは無駄な出費につながってしまいますので控えるようにしましょう。



【相場を知りたいだけでも事故歴は伝えるべき】


事故車の扱いになると、残念ながら査定は低くなってしまうため、買取額は大きく下がってしまいます。

車の状態によって買取額がどれくらい下がるのかは差がありますが、車の骨格部分の一部を修理・交換しているだけでも、数十万円以上も査定額が下がってしまうケースもあります。

気軽に愛車の買取価格の相場を知りたいだけだからと、事故車であることを申告せずに査定依頼をする人もいますが、事故の修理歴を考慮しない参考相場を知ったところで、実際の買取価格とは大きく乖離があるため、参考にならずに時間の無駄になってしまいます。
たとえ買取の参考価格を知りたいだけだとしても、事故車であることを申告したうえで、査定依頼をするようにしましょう。



【売却後も責任は無くなりません!】


通常皆さんがどこかのお店で何か品物を買って、不良品だったり、説明と違う内容だった場合、返金処理や交換を頼んで実際に返金処理や交換をしてもらうと思います。

これは、車を売却した時は、逆の立場となって、同様に皆さんが負うべき責任となります。


車を買い取ってもらうときは、買取業者と契約を結ぶことになります。

そして通常のケースでは、契約書に売却する車に瑕疵があった場合、業者は売主に対し、瑕疵の補修や売買代金の減額を請求できるよう明示されています。その為、契約に反することをすれば、売ったほうが責任を取らなければなりません。

事故車であることを隠して買い取ってもらえたとしても、買取額の減額や売買契約のキャンセル、それが悪質だと判断された場合は、損害賠償請求をされるケースもあります。

売買契約のキャンセル等が発生した場合は、事務手数料が発生したり、車が戻って来た時に既に新しい車で自宅の駐車場が埋まってしまっていたりと非常に面倒なトラブルが発生します。

勿論、事故車として再度査定をして貰う事は可能かも知れませんが、通常の事故車として、一括査定をされるよりも低く査定をされてしまう事になります。


上記の理由から、最初の査定時に買取業者から「事故歴はありますか?」と聞かれたタイミングで、黙っていればその場では事故車であることを隠せるかもしれませんが、買取後のトラブルにつながってしまいますので、事故車であることは、査定を依頼する際に正しく伝えるべきです。


【どうやって事故車かどうか判断するのか?】


事故車に該当するかどうかには、明確な定義があります。もちろん、その定義に当てはまらなければ、事故車扱いにはなりません。

車の査定では、事故車という呼び方ではなく、修復歴がある車という判断基準により、修復歴車と呼ばれます。
また、車の骨格部分にキズがつき、修復・交換したことのある車が、修復歴車の扱いになります。

具体的には、

・フロア

・トランクフロア

・ルーフパネル

・インサイドパネル

・ピラー

・ダッシュパネル

・フレーム

・クロスメンバー

を破損し修復した場合に、修復歴がある車と見なされ、修復歴車扱いになります。

そのため、たとえドアやバンパーにキズや凹みがある場合や、ボンネット・フロントガラスを交換していた場合でも、骨格部分に影響がなければ事故車扱いにはなりません。

事故車であることを隠し、買取後にトラブルを起こすことを考えれば、事前に正しく申告し、事故車に該当するかどうかをチェックしてもらうほうが、安心して査定を受けられることでしょう。

買取査定額に関するポイントのコンテンツ一覧

車検後の方が高く買い取ってくれるの?

車を売ろうとしたとき、「車検が残っているほうがいいのか、切れていてもいいのか?」と疑問に感じる人も多...

売却直前に傷は直しておくべき?

車に傷や凹みがあると、たとえそれが小さなものだとしても、買取金額を下げる原因になる場合があります。 ...

車の査定はどこを見る?

車の買取を依頼をするときは買取会社での査定を受けます。では、査定士はいったいどこを見ているのでしょう...

売却前の車の清掃は評価には変わら無いよね?

...

事故車、こっそり売ってしまって良い?

事故歴のある愛車を売りに出すとき、買取額が下がってしまわないように、事故車であることを隠しておこうと...

モデルチェンジ前に査定すべき

一度査定に出して、特に走らせ無かったとしても、しばらく経った後に急激に査定額が下がるケースがあります...

最高額チェック

3ステップ 3ステップ
  • ステップ1
    WEBで査定申込9項目だけ入力のカンタン申し込み!
  • ステップ2
    査定結果をご連絡買取店からメール又は電話でご連絡
  • ステップ3
    売却先を決める各社からの査定金額を比較して、最高額で売却!
<