相場を知り、希望を伝えて交渉しよう
愛車を売却するときは、できるだけ高く買い取ってもらいたいもの。

そのためには、自分の希望をしっかりと伝え、買取業者との交渉をうまく進めることが重要です。

交渉次第で査定額がかなり変わってくるため、査定交渉のポイントを押さえておく必要があります。では、どのようにすれば高額査定を導き出せる交渉ができるのでしょうか?

【一社目では決して売らない】


査定会社の担当者の中には、直ぐに連絡を取り「今ならこの金額で買い取ります!今だけです!」と言って、他の会社の査定額を聞かせない様にするケースもあります。

その時に決して売ってはいけません。

「他の会社とも約束をしてしまっているので、今回は金額を教えて戴くだけで大丈夫です。」と伝えてください。
本当にその会社が最高額だった場合も確かにあるかも知れません。その時に最初の会社に再度連絡をした場合は「うちが最高額だったんだな」と分かってしまうため、その金額では買い取って貰えないかも知れません。

そうなった場合は、再度改めて査定依頼をすれば良いだけです。

比較をし無かった場合は、金額もありますが、「これで無難だったのかな?」と後悔が残ってしまう事になります。

【査定相場の最高額を基準に交渉を進める】


交渉をするためには、愛車が査定相場でどのくらいの価値があるのか知っておく必要があります。相場を知らずに交渉してしまうと、買取業者が提示する言い値で安く買い叩かれてしまう可能性があるためです。

買取のときに業者の目的は、車を安く仕入れて高く販売すること。買い取りのプロである買取業者は、マイナス査定につながるポイントを見極め、できるだけ安く買い取ろうとすることでしょう。

そういった買取業者の進め方に不慣れな人は、「プロが提示した査定額だから妥当な金額なんだろう」と思い込み、業者が提示した言い値の価格で売却してしまうケースがよくあります。

そうならないためにも、一括査定で事前に相場感を知ることはとても重要です。
複数の見積もりから相場を知ることで「A社では○○円の高額査定を受けているのですが、もっと買取額をアップしてもらないでしょうか?」といったように、具体的な交渉をすることもできますし、愛車そのものが査定金額を上げられるような交渉ができる車かどうかを判断することもできます。

買取業者主導で売却を進めるのではなく、愛車にどれほどの価値があるのかを相場から掴んだうえでしっかりと希望を伝え、有利に交渉を進めることが高額査定を導き出す効果的な方法です。

【愛車の良い点をできるだけアピールする】


高額査定をゲットするためには、愛車の良い点を積極的にアピールすることも欠かせません。

査定会社が再販売をする際に良い点としてアピールできる点があれば、高額査定に繋がります。

車の査定はあくまでも査定であり点検ではありません。査定では点検ほど深く車をチェックしないため、自ら「良い点」をアピールすることが重要。高額査定を導き出せる可能性が高くなります。

たとえば、「タイヤの交換頻度が低い」「修復歴がゼロ」といったことを伝えれば、丁寧な運転を心がけている車だとアピールすることができます。

他にも、「カーナビやオーディオが問題なく動作する」といった点や、社外品のパーツを取り付けている場合は、「純正品パーツを保管している」ことをアピールするのも重要なポイントです。

また、定期的に整備してきたことを「整備手帳」でアピールしたり、「分解整備記録簿」でパーツの細かい部分に不備がないことを証明するのも効果的です。

また、清潔に車を扱っていることをアピールするため、「禁煙車である」「運転時は専用の靴に履き替えている」「車に乗る時は同乗者にも靴を脱いでもらっている」といった点も積極的に伝えるようにしましょう。高額査定への有力なアピールになるはずです。

【査定額に納得できればすぐに売却するという意思を示す】


買取額をアップさせるもうひとつのポイントは、査定額に納得できればすぐに愛車を売却するという意思を示すことです。

買取業者は車の引き渡し時期を先延ばしにされてしまうと、高額査定を提示しにくくなります。

なぜなら、「走行距離が増えてしまう」「事故を起こし傷やヘコみが増える可能性が高くなる」「年式が古くなることで価値が下がってしまう」「モデルチェンジなどにより旧式モデル扱いになる」といった理由から、市場の相場が下がってしまうことを懸念するからです。

「○日後なら引き渡しができます」と、売却の意思を明確に伝えれば市場の相場が下がってしまう心配も軽減されますので、買取業者は強気の査定額を提示しやすくなります。
あらかじめ車を手放す時期を決めたうえで買取業者との交渉を進めることが、高額査定を導き出す重要なポイントと言えるでしょう。

【交渉時に喧嘩腰になってもメリットはありません】


プロの査定士と言ってもやはり一人の人間です。「売ってほしいんだろ?」という態度の喧嘩腰の人に対して、査定士に寄っては査定拒否をして去って行ってしまいます。

そして、最後に残った会社に安く売却をするという事になってしまいます。

査定士からすると嫌な人に対して、自分の利益が下がる高額査定はしたくありません。
その様な人と付き合うと、後々面倒な事になる可能性があると判断されて、立ち去られてしまいます。


少し考えて戴ければ分かりますが、喧嘩腰になっても何もメリットはありません。

その様な態度を取らず、「私は相手に車を高く買って貰いたい、商売人なんだ」というスタンスで、物腰柔らかく、複数の会社と交渉をする事をおすすめ致します。

交渉のコツのコンテンツ一覧

相場を知り、希望を伝えて交渉しよう

愛車を売却するときは、できるだけ高く買い取ってもらいたいもの。 そのためには、自分の希望をしっかりと...

最高額チェック

3ステップ 3ステップ
  • ステップ1
    WEBで査定申込9項目だけ入力のカンタン申し込み!
  • ステップ2
    査定結果をご連絡買取店からメール又は電話でご連絡
  • ステップ3
    売却先を決める各社からの査定金額を比較して、最高額で売却!

査定依頼スタート!

Step 1

車両情報の入力

Step 2

お客様情報の入力


※郵便番号が不明な方はこちら

※お住まいの地域によって査定額が異なる場合がございます。

※いたずら、なりすまし防止のために利用します。