一括査定なら交渉次第で金額アップが目指せます
車の買取に関する査定士の目的は、「車をできるだけ早く、安く買い取り、早く引き渡してもらって早く販売すること。」です。

そして、あなたは自分の車を「可能な限り高く売りたい」事ですよね?

2者間ではお互い目的がずれていますので、敵対しやすい関係になってしまうかもしれませんが、ここは上手くお互いの要望をすり合わせて、満足な結果を得るように努力する必要があります。

ここでは、誰でもチャレンジできる「高額査定の交渉方法」を紹介します。

 

【必ず他の会社と見積もりを取っている事を伝える】


買取会社は、いきなり高額査定を出すことはありません。利益を出す為に可能な限り安く買い取ろうとします。

査定会社は、一括査定等の相見積もりをせずに、自分の会社に直に持ってきて貰えれば、自分のペースで全てコントロールが出来ますので、モデルチェンジ、色、傷などの指摘事項を並び立てて、自分のペースに持ち込み、安く買い取ろうとします。

この時、他の会社の金額を知ら無いあなたは、何の交渉材料も無く、「他社に持って行ってもあまり値段は変わりませんよ。当社はこの車の専門会社なので非常に高額査定です。」等と言われてしまえば、「面倒だからここで売ってしまおうか」などと考えてしまうかもしれません。

この交渉時に、買取会社がやられたくないのが、他の買取会社との「相見積もり」です。

一括査定をすれば、基本的に他の会社との相見積もりなのが分かりますので、大きく相場から外れている金額は出すことは無いかと
思いますが、必ず「他の会社とのアポイントもあるので、金額を比較させてください」と伝えてください。

一番やってはいけないのは、業者間で競わせる一括査定をせずに、1社に持ち込んでそこで売ってしまう事です。

相場も分からず、例え相場通りの金額で売れたとしても、「本当に自分で売った値段で適切だったのか?」という釈然としない気持ちで売却をしてしまう事にも繋がり、あまり良く無い後味を残してしまいます。


【直ぐに引き渡せることを伝える】


「金額さえ折り合えばすぐに売る」という本気度を見せる必要があります。

最も効果的なのは、「売る側の本気度」を感じさせること。つまり、「査定額を含めた諸々の条件を調整できれば、今日売る」というスタンスで臨むのです。

例えば、査定を依頼したオーナーが、「来月引っ越し予定なので、その頃に引き渡したい」という要望を出したとします。

すると、車買取業者は、「走行距離が増えてしまう」「年をまたぐと年式が1年古くなる」「事故を起こしたり、傷、汚れが増える可能性」「引っ越し予定の延期」「急に同車種の買取が増えた」などの、状況の変動による回避できないリスクまでも考慮せねばならず、強気の査定額が算出できなくなってしまいます。

査定をした日に引き渡すのが難しい場合でも、「○日後なら売る」と明確に示すことで、車買取業者が抱えるさまざまなリスクを排除することにつながるため、車買取業者は適正かつ強気の査定額を算出することが可能になります。

一番良く無いのは、本当は売る気があるのに「とりあえず概算を知りたい」と言った態度で臨む事です。こういった場合、査定会社は「積み増しをしてオーナーを売らせる気持ちにさせよう」という判断にはなりません。

査定会社はリスクにつながる事はしません。

積み増しはせずに、その場での交渉成立に繋がりにくいと判断し、後に問題になるリスクをふまえて、高額査定を出さずに無難な査定金額と共におざなりな対応をされてしまう可能性があります。

あまり無いとは思いますが、査定会社に寄っては、繁忙期などで人員が足らない会社に大量の査定依頼が来てしまったり、タイミングが悪かったりすると、そもそもの査定を拒否する可能性も無きにしろあらずなので、注意が必要です。


【車へのドレスアップやチューニングは全て伝える】


車のドレスアップやチューニングを伝えることで、査定額アップに結びつくケースもあります。

その様なパーツを付けている事をプラスに評価して販売する事が出来るからです。

又、ノーマルが好まれる車では、純正パーツの有無やディーラーのオプションなどをアピールする事でプラスに査定
されることもあります。

車にちょっとでもプラス査定になりそうな物は全て伝えましょう。

具体的には、外装、内装の手入れ、追加したパーツなどを伝えるといいでしょう。以下に一例を挙げます。

・外装(洗車やワックスがけの頻度、キズやへこみの状態)
・過去のオーナーの数
・禁煙車か喫煙車か
・過去に実施した整備記録
・ディーラーオプション、メーカーオプション(サンルーフ、電動スライドドア、メーカー純正カーナビなど)
・購入後に自分でつけたパーツ(エアロパーツ、ホイール、マフラー、ドライブレコーダー、オービスレーダーなど)
・内装(シート、フロアマット、ハンドルカバーなど)
・ちょっとした装備品(ルームミラー、ドリンクホルダーなど)
・冬用のスタッドレスタイヤの有無
など

このように、愛車に関する情報はすべて査定士に伝えましょう。
最近使っていなくて、家にあるものでも車に備え付けてドレスアップをするのも良いかと思います。

ドリンクホルダーのような些細なものでも構いません。

あわせて売却すれば、その金額の分の査定額もアップするはずです。

一括査定ってどんなサービス?のコンテンツ一覧

住所や電話番号って教える必要あるの?

車の買取査定を依頼する際、「あまり住所や電話番号は教えたくないな…」と感じる人もいるかもしれません。...

買取VS下取り

「下取り」は新しい車を買う際に中古車を販売店に売り、車購入資金に充てること。 「買取り」は(車の購入...

一括査定なら交渉次第で金額アップが目指せます

...

複数社からの相見積もりで高価買取額GET

【高額な品物の売買は必ず相見積もり!】 ...

最高額チェック

3ステップ 3ステップ
  • ステップ1
    WEBで査定申込9項目だけ入力のカンタン申し込み!
  • ステップ2
    査定結果をご連絡買取店からメール又は電話でご連絡
  • ステップ3
    売却先を決める各社からの査定金額を比較して、最高額で売却!

査定依頼スタート!

Step 1

車両情報の入力

Step 2

お客様情報の入力


※郵便番号が不明な方はこちら

※お住まいの地域によって査定額が異なる場合がございます。

※いたずら、なりすまし防止のために利用します。